シエンタのボンネット、リアハッチへカーボン調シート貼りました。

atelier code|アトリエ・コード|Sienta シエンタのリアハッチ、
かすり傷が多数あるので隠したいとのことから、カーボン調シートを貼ることになりました。

 依頼当初は傷部分をうまく隠す程度にデザインして貼るよう話を進めていましたが、純正オプションに「バックドアガーニッシュ」なるものがあり、これがちょうど傷の位置に収まることが判明。
 ↓ ↓ ↓ 
でもまた傷つくから目立たないカーボン調シートがいい。
 ↓ ↓ ↓ 
いっそのこと全面貼りましょう。
ということになりました。

 

atelier code|アトリエ・コード|Sienta 作業はまず外せる部品はすべて外します。ナンバーは封印があるので封印のないボルトを緩めて、ボディとナンバープレートの間に隙間を作り、シートを押し込む感じで貼りこんでいきます。
 
 ハッチだけ貼ると、デザイン上サイドに流れ込むコンビランプ下部分のパネルがみょうに浮くので、ここも貼ってしまいました。
ただここも貼ると、上部のウインドウしたパネルにも貼りたくなります。
(きりがないので今回は見送りました。)

 

 
atelier code|アトリエ・コード|Sienta そしてボンネットも貼って完了です。